2014年03月18日

つずきと書いてしまっていたね。

 「つ」に点々の、zu(発音)が うてない。
 続き ともできる。
 つずき ああ 気持ち悪。

 そんで、つずきを書く気がなくなってしまった。
 こんな時 どうしましょう?
 
 ちょっと、忘れましょう。
 
昨日もう一度 『ビューティフルライフ』を見返していた。
 パソコンで、ドラマが見れるからね。
森澤に貸したVHSは、なかなか返ってこない。しょうがないやつだ。
去年の年末に『うち、VHS見られへんねん』といってやがった。しょうがねえ。

 書くひと は、まったくすごいね。
大変な忍耐力を持ってるね。
 書きたいことを書いているわけじゃあないんだねえ

あ そうだ!
的場浩司も良い役で、でてた。
 二人の間でゆれる常盤貴子に、お見舞いにいった彼(的場)は、いいことを言っていた。
えっと、常盤貴子(町田杏子)は、木村拓哉(沖島柊二)の元彼女 小雪(さつき)の事が
気になってさつきの勤める画廊に見にいって事故に会い、幸いたいしたことなくて自宅療養中。
(ま、その事故の検査から、精密検査を受けることになるのだが・・・)

すいません。今気がついた。書くひとにとって大事なことは、読んでるひとに
対する誠意ですね。
 面白く読めるように、最大の努力をすることですね。
 説明文が、大変面倒くさいですね。

それに、ストーリーをだらだらかいても興味のない人にはまったく退屈ですしね。
 僕が言いたい事を、書きたいことをまず整理せねば。


 



 

 
posted by まもるん at 15:31| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする