2014年06月27日

「決断 あらたな始まり」

 馬場良仁が辞める。と聞いて、もったいなく思った。
決断しやがったか。
 やりやがったなあ。 自分の人生を自分で選択したんだねえ。
「アベノ座の怪人たち」の袖にスタンバっていたとき なんか ぐじゅぐじゅと鼻をすすっている
馬場を見かけたが もしかしてあの時 泣いていたのかな?
ただの勘違いで、鼻炎だったのかもしれんが。
 自分がMOTHERをたった1年在籍しただけで辞めたことを考えてしまう。
あの時大学生だった自分には、ここでやり続けることができなくて、とにかく
楽にならねば考えることができなかった。
 そこから非常に稀な出会いや、タイミングがあって スクエアに関わりだした。
それが正解だったとか は、死ぬまでわからんっていうことだ。
もしかして、いまだって小さな間違いを選択しているかもわからない。
 でも、自分で決めるのだ。自分で決めて自分の人生を形作っていくのだ。
だからいう、自分で間違いは、もっとしたほうがいい。
 そこから学ぶ。 学び続ける。 死ぬまで。
形あるものは、いつか 形をなくす。
 それでなくなってしまったなら、学んでいなかった証拠なのだ。
もっとまちがってでもいい。 自分でまえに進みたい。馬場のように。
がんばれ! 俺もがんばる。
 人生を考えつくしたとおもうなんてだめだ。 安心に留まるな。
マンネリは、成長の余地を見えなくする。 気づける人間でいるように注意しなければ。
posted by まもるん at 23:48| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。