2014年08月27日

本番の22日前

ああ ぐだぐだしていたら もうこんな事態に突入だ。
夏も、もうそろそろ終わるな〜 次にきがつけば、秋も終わっているかもしれない。
 ああ あせるぜ。
おれなんか 楽勝な生活しているはずなのに なんか くじけている。
 なんだこりゃ? そして、何故かこの時期に司馬遼太郎の「国盗り物語」を読み出している。
めっちゃおもろい。
が、そんなことをしてる場合ではないことはわかっている。
しかし思うが、元気はすごく必要ですね。小説読んで元気にはなってます。
 日々生きていくことを考えてしまうこのごろです。
思うことは、たくさんあります。
 役者は、人にいわれてやるもんではない。っていうことと、要求になんとかして答えなければ
ならないこと。それを、いわれたとおりやってるだけでは、やっていることにはならないってこと。
 
あたりまえのことのようですが、年をとっていくと自信も減っていきます。
なまけたり、下手な努力をしないようになってしまいます。
 しかし、下手なんだから、下手でもいいから努力しなければいけない。
時間をかけなければ、気がつかないことがあります。
なぜやっているのか?を自分に問う時間。 それがなければ、わたしなんか簡単にひとの意見を
とりいれてしまう。いや、とりいれたつもりになって考えなくなってしまう。
 うれしさ。 
うれしいからやる。なにがうれしいって、自分をみつけられること。
 そこからだ!
みんな うそつくのは、もうやめろ。
posted by まもるん at 14:07| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする