2011年05月24日

お疲れ様でした。

観に来ていただいた皆さん
大変大変ありがとう。

ようやく、公演も終わり
普通の日常に戻ってきました。

いやあ、やっぱり、
大変なことだなあと思います。

いっぱいいっぱい笑っていただいて、
しあわせな、特別な日々でした。

さあこれから、
また、どうしてやろうかなと 
まず、部屋を掃除いたしました。

この前向きな気持ちを持ちつつ、
またまた頑張ります。

IMG_5372.JPG

posted by まもるん at 23:58| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

110412_0922~01.jpg

ついに、春が 来た。
お久しぶりです。北村は元気です。

桜です。満開です。
このまえ、夜桜見に行きました。
驚いたのは、屋台が少なすぎ、
ライトアップがない。
深深とした花見であったことよ。

地震からこっち、
ブログを書いてませんでしたが 
ものすごい大災害ですね。

なんといっていいか
ことばを選ぶ事のたどたどしさ、
常識の範囲で自重するむずかしさ。

しかし、前しかないのでね。
喜びを求めて生きるしかない。

さて、話はかわって、
「ラブ・ギャラクシー」稽古してる。

そして、本番まであと40日を切った。
いつもいつも 初日までの恐怖というのは、
不安をかきたてるぜ。

そして、どうやらきくところによると、
チケットが、まだまだある 
みたい だぜ!

この自重ムード、
若者の何にもしないで、
家でやすーっく過ごすムード、
就職ないぜムード、
中国どないなっとんねんとか

つまり、見にきてもらうべく、
私は動かねばならないのだ。

しかし、わたしは今回の公演は、
お客さんよりも 本番中に笑ってしまうかも
知れないという脅迫観念に苛まれている。
どうしよう。 
どういうことやねん舞台上で客の目線になる
役者って。どんだけすきやねん。

ああ、あんな派手なセットで、
あんなことに俺があんな状態で
しかもあそこであのタイミングで、
ああ ならねばならないときに
おれは、笑わずに 耐えられるだろうか?
不安だ。
posted by まもるん at 23:11| 大阪 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

2月27日。

最近、買った本 3冊をのせよう。

110227_2121~01.jpg

110227_2122~01.jpg

110227_2122~02.jpg

なかなか、読みそうではない感じただよいまくり。
そうして、梅をみて歩きまくる。

CA3E0022.jpg
posted by まもるん at 23:23| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

兎年は、跳ねないとね。

あけましてはやいですけどもう3日ですか〜

今年の抱負を考えてましたが、「禁煙」に決めました。
本番前とかのテンションになると、もうかまわず渋い顔して
すぱすぱすってました。

正直まだやめれるかわからんですがね。
値段あがったらもう絶対買うかとも思っていたものですが。
とかなんとか、しかしやはりこれから今年の私は、吸って
しまうかもしれないですが、「鋼の意思」を持とうと。

今年は、スクエア公演を春、秋にひかえてますし夏にかなり
挑戦な勝負の客演をひかえておりますから。

どうやって鋼の意思を持てるかっていったら、思いつくのは
厳しい修行に耐える忍耐力だなあと。
それ以外なんかあれば教えていただきたい。
ということで、また明日からがんばるぜ! 
おやすみ
posted by まもるん at 00:52| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

寅年、お世話になりました。

年の瀬、さむいさむい毎日皆さんいかがおすごしでしょうか?
わたしは、このところ常に心配の種だった、映画のパイロット版
撮影も終わり。ようやくほっといたしました。
公開など、また後日なんらかの形でお知らせできたらと思います。

この頃はクリスマスなどもあったりで、イベント目白押しですね。
飲み過ぎないように皆様ご自愛くださいませ。

携帯をかえました。写真がきれいです。
どこまでもズーム出来て、ちょっとしたブレードランナー気分を
味わったりしてました。 
もっと、写真撮って載せなきゃなあ。

ブリのおいしい毎日で、けっこう食ってます。
そろそろ、体力回復トレーニングに目覚めなおしたいな。

なんだかんだで、風邪ひいたり、なおったりですわ。 
健康第一ですな。  
また、ブログします。 
おやすみ

posted by まもるん at 01:51| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

『なんか結構このブログ読んでくれている人いるみたいだな。』

体力について
身体は、使わなければどんどん退化していくなあ。
いまの私は、えらそうなことをいくらぬかしていても、
寒いからと身体を使わずにしょうもなく部屋で畳のうえで、
トレーニングをやっているつもりで、あかん。

目的が希薄すぎて、暇をつぶしているだけだわ正直にいって。

とか、自分を追い込むような文章が、好きだなあ
いやいや好きというか、自然とそのパターンになるのです。
それしか知らないのか馬鹿め。

ほらね、またやっている。 
これはつまるところ自分を誤魔化している行為なのだ。

こんなことしていたら、健全な健康的な行動には結びつかない
ように思います。
話を展開させよう。

今日、空晴の小池君が、「最近の北村さんのブログこわいですよ」
といってくれたのです。
それはつまり、健康的ではないです。
という忠告のようにいまになってようやくわかった。
 
小池君について
彼と知り合ってもう7年ぐらいになる。
とても気のやさしい男で、私なんぞをものすごく持ち上げてくれる。
空晴に出してもらって、2回ぐらい共演した。まじめな男だ。
どんなまじめな男かというと、・・・・  ・・・・・・
・・・うう、やつは、まじめかな?

彼をみていると、アドバイスをめっちゃしたくなる。
それはもう、いっぱいいいたくなる。
なぜか? おもしろいからだ。 
それに素直だ。・・・

・・・いや、やつは素直じゃないはずだ。 
ほんとうの意味でまじめで素直なら、こんなにアドバイスしたい欲求
でいっぱいにはならないものだ。 
やつは、いまのところ穴のあいたコップみたいなもので、気がつくと
入れたものがなくなっているから、つぎたしてしまう気にさせるやつ
だ。

ああ、気がついたが、彼のことを知らない人にはまったくわからない
わけだし、なんだか悪口のようだ。おとしめている。

小池君すまない。しかし私は、彼がすきだ。
それでいいじゃないか。
ものすごい才能だと思う。
彼を知ったらみんなだってすごく好きになるよ。
だからバイト中に、松竹座に入る佐藤江梨子に、サインをねだろうと
してダッシュで逃げられたとしても、
たとえ、ジャニーズJたちのようにデマチできゃーきゃー言われなく
っても大丈夫よ。
ああ、彼を想像しただけで、めっちゃ言いたくなる。
穴のあいたコップとは、ひどい言いぐさだな、いかんいかん。
 
おれも似てるからなあ。
彼はしかし貪欲な男だ。
「うまくなりたいっす」という彼に私は、逆のことを押し付けたくなる。

うまくってなんだ?
おれは、もっと、こどものような演技者がみたいのだ。
演技をみせているうまい役者ではなくって、そのひと本来の苦しみや
あえぎ。
そののちの、涙流すくらいの後悔や、素晴らしいことにキズイタ瞬間
や、本当にやりたいこと それをやるための見えた努力 
時間を惜しむ焦り。
それらすべてをみたいのだ。
彼ならば、そこに到達できるだろうことを信じている。

だらだらかいたが、腹がへった。
書きなぐりですまない。おわり
posted by まもるん at 21:34| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

携帯電話が、いまこれを書こうと日にちを
確認しようとしたそのタイミングで壊れた。

画面がなにも出ない。 
迷惑メールが届いてるらしいそのバイブレー
ションは生きているが、画面がまっくろだ。
明日の約束の相手の電話番号も見れない。
やばい。しかし、8:30PMか。

今日は、休みだった。
ゆっくりしてしまった。
いまさっき「ぶるうかなりや」を見ていた。
おもろい。「名探偵登場」もおもろかった。
しかし、ブログを書いている場合ではない。
AUに行こう。
きが向いたらまた書きます。
posted by まもるん at 21:16| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

「私は、くるてる」

以前から、そうじゃないかとは思っていた。
いつもその空間に近づく時は、気をつけようと心がけていた。
  
気がつくと、わたしは片手では持てないので、両手ではさむ
やうにして、ツタヤの中古DVDコーナーの前で、しかしまだ
掘り出しものは残ってないかなと、容赦のないハンターの
ような眼をしてしかし両手に満足した獲物をもって、幸せに
ひたっていながらも見落としを確認していた。あとから来た、
おじいさんも、わたしの放つオーラに危険を感じて立ち去る。

あこれ、ハン・ソッキュだ、まだみてない。
レイフ・ファインズ先輩の、ゲイリーのだ、ティム・ロスのだ。
アレック・ギネスでてる。ふむふむサンダンス出展作品ね。

しかし、どうだろう。
何度もみた「カッコーの巣の上で」もかっている。
理由としては、どうせ観たくなって借りるだろうし、いま、買
っておくほうが安上がりだからだそうだ。そして、この役者の
死ぬ前の最後の作品だとかになると、敬意と評して買う。

そんでもって、並んでいるそのセレクトには、いつもやられる。
メジャーなものは、数少なく、ほどよくドキュメンタリーで認め
られてるやつとか、タイトルが素朴すぎて長すぎるやつなど。
また、テロリスト本人が出ているとか、どれも私の琴線をくす
ぐる。

ああ、これで年末まで大丈夫だなーー  
って、おおーーーい。おかしいおかしい。普通の人は、こんな
コーナーには見むきもせずに、かわいい彼女かどうか知らん
やつと、おしゃれかどうかわからん、デートのようなそうでない
ようなことをしていたり、もっと普通のひとは、ハリソン・フォ
ードとジョニー・デップの区別もつかずにしかし支障なく生きて
るやないか。
 
そして、さらに追い討ちをかけるが、サブタイトルに、
”人にとって一番大事なものは何なのか?”とかついていて
「ぶるうかなりあ」とかいう、どういうセンスなのか判断不可能
なのを、お、テレビ界の二人の巨匠、監督・鶴橋康夫&脚本・
池端・・・なんてのには、いくら宮沢りえと村上淳がでていた
ところで、購買意欲は膨らまないのだ。  
・・・葛藤する家族ってのも・・・。

極めつけは、2000年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート。
2000年東京国際映画祭特別招待作品、文部省選定作品の
「キャラバン」。

Introduction
超然たるヒマラヤ山脈をこえ、ヤクを従え生きるために塩を
運ぶキャラバン隊。地位と伝承、そして後に伝説的な長老と
なる少年の感動の物語は、標高5,000メートルを超えるネパー
ルの高山、全編オールロケで敢行された。その無謀ともいえる
過酷な撮影によって映し出される、息を呑むショットの連続。

うう、すごそう。 
posted by まもるん at 20:42| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

今日は、わりかし充実していた。

だんだん寒くなってきましたね。
皆さんは、寒くなるとなんか楽しみなことありますかいな。
わたしは、いま考えてみてますが 
うう、ま、も少し考えますわ。
  
と、変な書き出しになってしまいましたが、
今日はもうこれを書いたらもう寝ます。
日常の過ごし方の極意をひとつわかったのであります。

わたしは、どうも無駄な悩み、無駄な行動、
無謀な想像力が多いような気がします。
無駄に疲れてしまいます。
そんなことを書いて自分でもいまいち意味がわからないのですが。

とにかく、今日は、バイト終わって帰ると、ギターのコード本を買い、
畳上トレーニング(例によって、鉄アレイを振り回し、脇差しを振り回し、
エキスパンダーを足で踏んで片手で引っ張り、走りには、行かず)。
風呂に入って、ザ・オーディションという本を読み、カレーを食べ、
ソリティアをやってこれを書いています。

なんか無駄がないぞ。
おお、なかなか、無駄がなくて良いではないか。
と、実感してしまったのであります。

なんか、眠くなってきた。 
トム・ウェイツも静かに流れて良い感じだ。
つまり、むだを省けばいいのだ。
うん。なんか、眠いのと、
書いてるうちにあんまりたいしたことやなかったことがしてきたが、
まあいい。今日は、おわり。
明日のために、寝よう。
あしたも、良い一日でありますように。
posted by まもるん at 23:54| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

『目的のない稽古に、ひとは耐えられん。
武蔵おまえの目的はなんだ?
胤舜を倒す! むにゃ おまえのなにを、
どうすれば勝てる?』
 
おれのなにをどうすれば、どうなる?
北村さん、もったいないですよ。 
もっとできるのに自分でつぶしている。
  
鷹村守「おめーは、どこにいきてえんだ? 
ジムの格下の練習量と比べて満足してんじゃねえぞ!」

俺は弱い。 
戦えない。 
すぐ怠ける。 
無駄がおおい。
目的がない。
  
夢はなんでした? 
今も夢をみていますか?
  
努力しろ カスめ
posted by まもるん at 16:35| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

「秋は、もう終わってしまったのか?」

お疲れ様です。
ようやく、身体は日常にもどってきました。

スクエア公演終了から10日ぐらいたって 
いまゆっくりして
いまゆっくりしとる場合なのかーーー!!!

馬鹿め! 
ゆっくりしていて 
きさまの人生はひらけるのか?

ということで、
身体を見直そうということで、
これをかき終えたら、走りにいこう!

このところ私は、走る気力さえなくし、
ウォーキングなるもんでごまかしていた。

うぉーきんぐは、ありゃだめだ。
あるいたところで、考え事できるくらいで、
身体は甘やかされるばかりだ。

だから、精神がなめはじめるのだわ。 
おれは、なめとる、芝居をなめている。

人生をなめている。 
なんとかなるとか、思っている。

なんともならねーーよ!!!
努力を楽しめないものは、
この世界から去れ!

ということで、
自己暗示にたよりつつ、
サバイバーを聞いて
もちベーしょんをあげて、
細胞をいれかえる。

いままでの、俺よ さらば!
posted by まもるん at 23:14| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

夏、終わりませんか?

気がつけば、もう8月も終わりですね。…37歳の夏でした。
しかし、まだまだ残暑厳しい中、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

いよいよ スクエア次回公演に突入です。
私の客演四番勝負も、なんとか終わりました。

 2月 レトロスペクティブ・極東退屈道場+水の会 
    「家、世の果ての・・・ 」@アイホール
 4月 トランスパンダ「君と旅」
     @シアターカフェNyan
 6月 ジューマーク「タイフーン・パニック」 
     @フジワラビル
 8月 空晴「ボクのサンキュウ」 
     @アイホール、大博多ホール、駅前劇場

その間に 5月頭には、ABCホール春の文化祭でコントで出演し、
6月半ばには、京橋花月でプロの芸人さん方に混じって、スクエア
コント参加させていただきました。

それぞれにいい経験をさせていただきました。
それぞれに乗り越える壁があって、なんとかしてきたんだなぁと、
ちょっと自分を褒めてやりたい気分です。
  
なんか、しみじみと、麦茶、梅酒、オレンジジュース、牛乳を飲みな
がら、今は渡辺美里の「10years」「悲しいね」「My Revolution」
「すき」などをきいているのは、先日観た、石原正一ショーの影響です。

あれから10年か。
27歳だったのだなあ…十分にいい年だったのに、
スクエアに入れてもらって、少し許されたと感じ始めたその矢先に、
私は、スクエア10回公演の『けーさつ』という芝居のゲネプロ(=
本番前、お客さん以外はすべて本番通りで行う最終リハーサル)
で、台詞が覚えきれてなくて、途中で中止にされてしまった。

演出の上田に、胸ぐらつかまれて、「お前、セリフ覚えろー」と。
上田は、照明さん、音響さん、舞台監督さん、客席で観ていた取材
のプレスの人たちに謝り倒し。私といえば、脚立につかまらないと
立っていられないという状態でした。
 
その私に、衣装を手伝ってくれてる人が、「ボタン付け替えるから、
脱いでください。」…私は、ショック状態で、まともに口も開け
なかったです。そして2時間後には、本番。
恐ろしい…いま思い出しても。

でも、その本番が終わった瞬間は、いままでの人生の中で、一番、
嬉しかった。涙を止められず、カーテンコールでボロボロになって、
うつむいていました。

カーテンコール終わりで、会場のOMSの屋上に逃げこんで、水道
で顔を洗いながら、声をあげて泣いてました。

美術の柴田君の「まもるーー!」という、私を探してくれている声、
いまでも覚えてます。
あれぐらい、いまの私は頑張れているでしょうか?

頑張ろう 次回公演 で
次は二度とないという覚悟をもって。
posted by まもるん at 01:25| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

なんか書きましょうという理由で、

「なんか書きましょうという理由で、
ブログのタイトルを考える 
・・・が、とりあえず 書いてみよう」

なんかおもしろいことが、書きたいな。
カーテンコールでも なんか 
おもしろいことが喋れたらいいな。
と常に思ってはいても、とりあえず 
やってこなかったことがたくさんあります。

最近、メンバーの内々で、
「プロフェッショナルとはなにか?」
という話になった。

本当にいろいろな細かい角度から 
プロというもの、自分たちは、自分の活動、
生き方をどう これからやっていくのか 
と 皆考えることを とらえなおすこと。

若い時は、いろんな人に聞いたり 
「なぜそんな生き方をしようと決めたのですか?」
と、自分の先行きの不安から 情報を集めたりした。

たまに、若い子にそういうことを聞かれると 
わたしは 内容よりもその子の今の心の置き所に
興味がわきます。 

・・・・
どういうことかというと、
その子に尊敬されるような経験を
しゃべった方がいいのかな?
と思ってしまうのです。

でも、それは結局、港で飲んだくれている
船の船長の話のように、
あまり、やってきたことと隔たっているように
思ってしまうものです。

話などは、一緒におれの船にのりこんで旅にでる
経験には到底およびもつきません。

やってみないと、わからない。

同じことを経験しても、人によって捕らえ方が
変わるように、瞬間の生き方が重要なんじゃないか?

安心してはいけない。
安心しておれはもうわかってしまった。
と思った瞬間に、安心せず生きようと
立ち向かっている奴に抜かれていくのだ。

だから、とらえれないものは、
そのひとの持っている大事な道しるべです。
いやな人、苦手なこと、不安に感じること 
それこそが、宝なのかのしれませんよ。
 
と、書いたが、読み返してみても
なにをかいとるのか、よくわからない。

今回は とりあえず書いてみたという感じで、
お茶をにごさせてもらいます。
ごめん。
posted by まもるん at 23:58| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

疲れ。

疲れてたから、しんどかったんだわ 
と、ふとさっきキズキマシタ。

ミーティングの帰り 
ふと こわくなったんだ。
いま、私は死ぬわけにはいかんと。

空晴の東京公演もひかえてるし
『マンガマン』だって。

昔から勘のさえには、自信がある。
いま私が一番危険なのは、チャリ移動の時ですわ。
一瞬の油断で、人間なんて簡単にこわれてしまう。
一生を左右されてしまう。
 
それなのに、みんな 
携帯見すぎだよ!
チャリンコ乗りながらの携帯は、ぜったいあぶないよ。
携帯見ながら歩くのも 危ないぜ!

絶対やめたほうがいいよ。
わが身に起こると、注意すべきだぜ!

私も赤信号を無視してチャリ乗りすぎだ。

畜生 
女の子も、携帯みながら歩くのやめてくれ
それは、なんでだ? 
ツイッターのせいか?
なぜだ? 
そんなに誰かの情報が欲しいのか?
やめてくれ、どうせたいした事書いてねーぜ!
そんなんで、身体ぶっこわしてもいいのか?
あまりにも交通事情をなめてるよ。
この時期は、暑さで皆疲れてるから、やばいよ。
いつでもかわせる注意していたほうがいいぜ。

と、世の中に対して 
警告を発します。

そして、わたしは
クーラーないから寝不足だ
ちくしょう。

100810_2135~01.jpg
posted by まもるん at 01:29| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

空晴、博多公演終了。

いやいや 初めて九州に足を踏み入れてきました。

大博多ホールで。
屋台のラーメンを食べたり、もつ鍋を堪能いたしました。

いままで、沖縄を除くと宮島より南に行った事なかったのでね〜
37年も生きてきたのに 経験少ないよね〜
東京より北にも行ってないし。

東北地方にいってみたいな 次は。

ランニングしなけりゃいけないな。
足の筋肉がかなり衰えてるぜい。

TS3G0073.JPG
九州行く北村↑
posted by まもるん at 23:51| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

「外事警察」

遂に、まえまえからきになっていた
ドラマのDVDを借りた。
探してたが、見つけられずにいたのだ。
ちょっと興奮している。
師匠の作品を手に入れた興奮である。
まだ、見ていない。
感想は、追って書きます。

さて、空晴
大阪公演が終了しました。
これから、
どこまで発展できるか勝負です。

gaiji.jpg
posted by まもるん at 00:36| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

空晴。

TS3G0072.JPG

初日、開けました!!
posted by まもるん at 01:43| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

「生きる目的について」

また酔ってしまった。だから、日記を書く。
 
世間は、サッカーワールドカップで盛り上がっている。いいなあ。
いつかこの頃を振り返って、誰かと話したりできる。
 
いま、南アフリカに行っている人は、いいな。 
人生の感じ方も様々だ。
雨で大変な被害をこうむった人もいるだろう。

一昨日、大学の先輩が亡くなった。
高校生活から開放され、大学に入り剣道部に入らず文化会映画部
に入った時、ものすごい存在感をもっていた人だった。

20代なのに40代に見えるようなおっさんの委員長は、誰にも
なめられるようなこともなく ふしぎな人だった。
先輩とゆう存在に頼れることで、人生を楽しく感じて幸せだった。

彼の人生が、どんなものだったか詳しくは、まるで分からない。
彼は、卒業はしなかったようだ。 
単位をまるで取らずに、何をやってるか分からなかった。

ひょっとすると、私は彼を見て、ちょっと、馬鹿にしていたのかも
知れない。

何やってるんですか? 
問題はなんですか? 
どうなりたいのですか? 
どうすれば、あなたの理想は叶うのですか?
あなたの夢はなんですか? 
そんなことを、質問した事はまるでなかった。 

質問できない暗い事情でもあるかも知れないと、2個うえの先輩の
威厳に、ひいて見ているしかできなかった。

でも、先輩を見ているだけで、安心できた。
下に見ているわけではなく。

こんな人もいるんだなあ 
と、まだまだ子供の自分は、なにかを学ぼうと感じていた。

ラガービールを飲んで幸せそうにしてたり、実家の工場を、どないか
していらっしゃったり。(…まるで事情をきこうとしなかった当時の
自分が、子供すぎて恥ずかしい) 
私は、まだ二十歳にもなっていなかったのだな。
 
1つ上の先輩がものすごく上に見えたから、2個上だととてつもない
開きに感じた。

年代の色合いの影響もあったかも知れない。
彼からは、なんだか全共闘時代のような雰囲気が感じられて、歴史
の差にたたきのめされて いくら私が年をとっても、そんな歴史的
重みは発せられずにいたことを、数年後、思い知ることになる。

もう、20年近く月日が、流れ 
誰からもいいニュースを聞くこともなく、突然、亡くなった。
そりゃないぜ。先輩。
ほんとに、そりゃないよ。
なんにもきくことができずに、この世から消えてしまった。
 
でも、彼が誰かの先輩の8ミリ自主映画で、笑いながら砂浜を走って
いる絵は、覚えている。
本当に映画が好きだったのだろうな 体からそんな思いがにじみ出
ていた。

かなしさにまで、行きつけない私は、いつまでも彼から 
なにかを学ぼうとするだろう。

さようならは、言いません。
posted by まもるん at 01:43| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

「容疑者Xの献身」

腰痛が治まらず、
バイト後、走ろうかと思っていたのをよして、
DVDを見ていた。

ちょっと前のものだが、芝居の本番もようやく落ち着き、
顔合わせまでちょっと時間があるので
またTSUTAYAが、半額レンタルをしていたので借りた。

堤真一が、役作りすごいという評判を、以前に目にとめていた。
しかし、一番気になってしまったのは、北村一輝という存在でした。

いままで、あんまり見てなかった。
特徴のあるひとだなというくらいの印象しかもってなかった。
{ひとつ断っておくが、これを書いているときの私は役者ではない。}

演技とは、100%で取り組むものではない。
というのは、たしかアル パチーノがいっていたと思うが
その意味がわかった。

北村一輝のことは、これから気にすることになるだろう。

さて、腰痛がやばい。
姿勢云々という問題ではなくなってきたようだ。
腰痛については、    
これ以上書くことがない。

さて、何について書こうか?
いったい何についてかいて欲しいですか?
いや、何を書きたいだろうか?

書くことがないので、散歩にでも行く事にする。

yougishaxno.jpg
posted by まもるん at 01:05| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

・・・ 。

今回は、ただの日記。
今日という一日。

いまは、ビールを飲んで、煙草を吸って、前々回出演したトランス
パンダの公演中にかかっていた音楽を聞きながらこれを書く。

酔っている。

今日は、バイト中ボクサーの友人に、姿勢が悪い事を指摘される。
以前から、彼には 体間 ということばを聞いていた。
黒人やプエルトリコ人のもっている。
からだをコントロールする骨盤について、バイト中講義をうける。
『守兄貴は、骨盤の使い方が、なってない。猫背の人が、主役など
はっても恥さらしだ』って。

確かに、最近の腰痛の原因は、私の姿勢の悪さだ。
私は、野球の外野手のように、常に猫足立ちのような姿勢でいる
ため、リラックスできていない。という意識はあったが、
具体的にどうしていいかわからない状態でいた。

腰を使わずに、脚くびで、体重移動しているイメージがある。

ふと思い立って、ツタヤでブルースリーのビデオと、『チョコレート・
ファイター』というのを借りて見る。
2本目のは、マッハ!、や トムヤムクン の監督の作品。
ストーリーをとばして、アクションシーンのみをみる。
彼女は、すばらしい。
美しい。 
まっすぐに立つことの、美しさ。なんとエレガントなのだろう。
憧れる。
あんなふうに、身体をコントロールしたい。

そんなんで、また自宅で 脇差を振り回していた。さっき。
自分のからだへの意識が10年前と比べてみると格段に落ちている。

以前は、上田先生に相当にだめだしをくらっていた。
『守!えんぎすることってのは、力をぬくっていうことなんだよ。』

話はまたとぶが、TV「エチカの鏡」で漫画家青柳さんを観て、泣く。
奥さんが、取材中突然泣いたのだ。 
その泣き方が、なんとも、こころに響いた。 
人間はあんなふううに、泣くのだね。

こんなに話がとぶのは、完全に酔っているせいである。

梅雨だ。
ジーパンを、切って半ズボンにした。
もしかしたら、「チョコレート・ファイター」の影響だ。
今は、酔っているから、楽しい。

次の客演の、空晴 は、確実に いい舞台になるのはわかっている。
以前 成功をすでに、おさめている。
こんなことかいたら、なんという慢心だ。
北村も期待していたのにもう終わったなと、言われそうであるが、
作品は、作にかかっているのだ。

岡部さんは、かけねない天才だ。
あんなに、観るひとの想像する道筋をしっかりとコントロールしながら話を書ける人は、そうはいない。

んで、なにがいいたいかというと、さあ 北村 守よ。
つぎは、どんな生きている感覚を見せ付けるのだ?
ということだ。
それは、これからだ。じっくりやろう。

ああ、酔っていてすいません。
まだ書きたい気もするが、酔っているのと、
昨日3時間しか寝てないから
もう寝ますすいません。
posted by まもるん at 01:22| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。