2013年06月09日

iaku「流れんな」

お久しぶりです。気がつけばもう6月 今月末には、本番があります。
あと20日後には 舞台に立っているのです。すごいなあ 驚きだね! 
 それで
ぜひぜひ観に来てくださいね!
ということで、
ご予約はこちらからお願いします!
 
URL:http://ticket.corich.jp/apply/45218/006/

 いやあ、過酷過酷 演出の上田には「そんなスクエアみたいな芝居やめてくれ。」と多々いわれます。
 渋いラインを探っておりますが、台本は、過酷の一言につきます。
 会場は 近鉄大阪線 八尾駅から徒歩3分 八尾プリズム小ホール
八尾といえば、私が学生時代に10年ほど毎日目にしてた風景でありまして感慨深いなあ
 そのホールで、私は、更なる大変身を遂げることになろうとは! 乞うご期待 マジで!
posted by まもるん at 01:25| 大阪 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

『二月』

皆さんこんばんわ
 もう 二月も終わりですね。毎年想うのですが、この月過ぎるのめっちゃ早い。
 それは、なんでかと言われると良く寝ているから。
 もう めっちゃ寝ている。寝れるなら10時間でも15時間でも寝てる。
 あ〜 寝れるのが一番しあわせや〜〜〜
 布団のなかで本読むのも好き。 司馬遼太郎の「関ヶ原」おもしろいなあ。
 んで、起きて風呂に入るの最高や! 風呂の中でコーヒー飲むのも好き。
んで、気が付くともう二月が終わりや。
 3月からは、こうもしとれんな。
posted by まもるん at 00:18| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

『渋滞』

「渋滞」黒土三男監督 (出演 萩原健一 黒木瞳)1990年アルゴプロジェクト
 を去年の12/30に観た。 23年前の映画 
  年末にぼろぼろに泣いた。
 この映画は、世界に誇れる一級品の作品だなあと思う。
 年末に観てよかった。
 年末、サカイヒロトのお店で、虚空旅団の高橋恵さんと一緒に飲んだ時
 『北村君、もしどこでも行きたいとこに行けるなら どこいく?』と聞かれ
 「・・・故郷・・ですね。・・・」
 『・・・はあ。・・・(どこ海外行きたいか聞いたつもりが、なんか遠い目したはる)』
という噛み合わない会話をしてしまった事を ふと 思い出した。

 映画は、故郷にかえるのに飛行機や新幹線をやめて マイカー帰省を選択した家族が、
大渋滞にまきこまれ、やることなすこと裏目にでてしまう。
四国の島では、年老いた母と ぼけはじめた父が 息子の家族の帰郷を心待ちにしている。
 何もうまくいかない萩原健一と黒木瞳が喧嘩になり、宿もどこも満員で断られ続け
四苦八苦する家族を描いている。

 音楽は ケニー・G サックスの音色がBGMでながれるのがとてもいい味を醸し出している。

さらに 脇で登場する人々が とてもいいんだ。
 ロードムービーの所以だ。
 かたせ梨乃の、スナックのママや 旅館のしゃべりまくるおばちゃんや 
 豚を売りにいくトラックの兄ちゃんのぶきっちょで、でも(なんていったらいいのか)恋人の
 清水美砂は あっけらかんとした感じや 段田安則がほんのちょっと旅館の客で出ていたり。
ああいるいるこういう感じのひと 言葉や態度以上に エネルギーがあって、出会うたびに
主人公の人生に大きな影響を及ぼしている。
 おんなじ世界で、息をして 生きていることを生かされていることを感じる。
ま 観てみて欲しい1本だ。





 
 
 

 

 

 
 
 

  
  
posted by まもるん at 12:32| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

『最高傑作』

次回公演の稽古が、始まる。
この作品は スクエアの最高傑作だ。
これをやる度ごとに、人生が変わるのを実感せざるをえなくなる。
私のなかでは、「千と千尋の神隠し」 と近い印象がある。

とても、懐かしい世界観のなかにひたりながら 
最終的に今を生きるところに
帰ってくる。 

この手法は、劇世界を立ち上げる構成として、
最高のシチュエーションだ。

最高の作品を作るつもりだ。

見ないと 損だぜ!

だから、森澤 よろしくね。 
  
愛だ 愛。
posted by まもるん at 00:59| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

「メジャーリーグは、好きな映画だ。」

何から書こうか?

音楽が流れて、心に触れる。
何かがこころに触れる。

主人公のトム・べレンジャーの心に触れている
 
と思っていると、
私のこころに ふれている。 

それは、私がふれているのか? 
私が触れられているのか?

答えは多分、両方で 
それが映画なら可能だ。

お前のやっている演劇では、どうだ?

そこへ 
いかねば。
posted by まもるん at 00:37| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

ワンサお疲れ。ありがとう。

梅雨です。
が、晴れてますね。

「ワンサ」
たくさんの皆様ご来場ありがとうございます。

おかげさまで
すごく評判よかったようですが、
ビデオで見るまでは、どうだったかわからないので
評判の5割引ぐらいの覚悟をしておきたい感じで
毎日の生活をおくってます。

そうそう、桂吉弥さんに繁昌亭に呼んでいただいて
「ワンサ」終わりで、立て続けに本番舞台に立たせてもらいました。
10年ぶりに同じ舞台にあがらせてもらって、感慨深かかった。 
 
さて、最近 また買った本。
120614_2335~01.jpg
能の本です。
むずいっす。

ので、ついつい 
トミー・リー・ジョーンズを見ています。
やっぱいい。
120614_2337~01.jpg
トミーについては、またいつか書きます。 

おわり
posted by まもるん at 23:57| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

次に立つ。

120607_2307~01.jpg
posted by まもるん at 23:45| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

「決意」

まいどまいど、本番前の余裕がない状況。
しかし、からまった糸は冷静にほどかなければならない。
演出は、冷静にひとつずつ 
ほどき、確実に問題を解決してゆく。
感心するいとまさえないほど、あせっている私は 
無駄な力がはいって 稽古終わりは 少しめまいがする。

苦しい時期だ。 
このところ、めっちゃ寒くって
体調に響いた。どうやらやっちまったようだ。
早く寝ようとしていたが、今日 
ここに これを書いておこう。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ。」
あきらめてたまるか!
posted by まもるん at 01:26| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

春、梅雨前。 夏まで生きていられるか。

本番なんて、やってくる。
2週間もしたらやってくる。
何やったって、死にゃしねえんだ。 
つかまりもしねえさ。

そして、シドニー・ルメットには追いつきゃしねえんだ。
バリー・レビンソンにだって無理さ。
希望を持とう。 
なけなしの希望をもって、ダイブしよう。

馬鹿みたいな計画をたてよう。
ようするに馬鹿みたいに 夢中に生きよう。 
 (酔ってます。)
posted by まもるん at 01:00| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

「singles」

シングルス 
という映画が、好きです。
キャメロン・クロウ監督(1992年製作) 

大学時代に、ビデオで見て
見終わったとき 
なんだか爽快感につつまれて 
独りで踊った映画です。

ラブストーリーが重たくなく
登場人物の会話で成立していて 
とても丁寧に描かれる。

監督の学びが、うまく作品にいかされて 
とてもしあわせな映画だと思う。 

singles.jpg

posted by まもるん at 23:39| 大阪 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。